アルプス外国語スクール開設コース
講師紹介 カレンダー イベント ブログ お問合せ
アルプス外国語スクールの特長
スクール コンセプト

アルプス外国語スクールは、“英語圏で学ぶ環境を、そのまま教室に!”をコンセプトに、 2014年4月、鷺沼にオープンしました。

スクール コンセプト

川崎市宮前区は海外赴任経験のあるファミリーや帰国子女生が多い地域です。こうした地域の特色を踏まえ、語学学習の初心者の方はもちろん、帰国生の方々にも満足いただけるように、海外で学ぶ環境と同様の質の高いレッスンを提供しています。

幼児から大人まで幅広い年齢層に対応し、英会話、TOEFL®・英検、資格試験、個人レッスンなど目的やレベルに合わせて多彩なカリキュラムを揃えています。
レッスンは会話だけでなくリスニング・文法・筆記をオールラウンドに学習。相乗的に語学力を伸ばします。 また、帰国子女の方を対象としたクラスも充実、さらなる英語力アップを目指します。

アルプス外国語スクールの講師陣は、教授法・マナー・文法・発音など十分な研修を受けたネイティブ講師たち。熱意のこもった臨場感あふれるレッスンを行っています。生徒一人一人のきめ細かなレポートも作成し、上達レベルや苦手ポイントなどを把握。効果的なアドバイスや指導を行っています。

また、バス遠足やサマースクール、クリスマスパーティーなど、外国の文化に触れるイベントも企画しています。子どもたちが楽しみながら海外の文化に理解を深め、語学により興味を持ってもらえる機会となればと考えています。
講師について
外国人講師は、日本人に対しての教授法・マナー・文法・発音等、十分な研修を受けた語学教育のプロフェッショナルです。
教授法の研究、開発にも力を入れており、定期的にTeaching Directorがクラスをチェックしてスクールの理念とメソッドが守られている事を確認しています。
教材について
オリジナル教材をはじめ、世界各国の語学教材、海外の小・中・高・大学で使用される教科書・専門書に至るまで、一人一人のご要望に細かく対応しています。
英語が上達する3つのメソッド
アルプス外国語スクールでは、3つの英語習得メソッドを組み合わせたオリジナルの教授法で、効果的なレッスンを行っています。
ダイレクトメソッド
ダイレクトメソッドは直接教授法と呼ばれ、アメリカで開発されました。英語を学ぶ際に日本語に訳したり、説明を加えたりせずに、英語だけを使い、図・絵・写真・ジェスチャーなどを用いて学習する方法です。英語で考え、話す練習をすることで、英語で考える言語能力が開発されていきます。英会話の習慣を身に付けるには、この方法がとても効果的です。
スパイラルメソッド
スパイラルメソッドは、5W1Hに注目した教授法です。英語には、What/When/Where/Which/Why/Howの6種類の質問形式があります。例えば、What time do you have to go? の答えは、I have to go at 7:00 oʼclock.  Where do you have to go? の答えは、I have to go to school. とします。この2つの文章を足すと I have to go to school at 7:00 oʼclock. となります。未来形の場合は、I will have to go to school at 7:00 oʼclock. とwillを足すだけです。文章を足したり引いたり、単語を入れ替える事で多くの表現が可能となります。スパイラルメソッドは、1つの文型を応用して、単語を入れ替えながら繰り返し類似文型を練習するメソッドです。
フォニックスメソッド
フォニックスメソッドは、アメリカで高校生の文字教育を強化する目的で発案されましたが、当校ではこれを応用して発音トレーニングを行います。
例えば、Aは「エイ」と文字の名前を覚えるのではなく、/æ/と言う文字の音を学びます。これを繰り返すと、cat(/kǽt/)と聞いただけでcatと書ける様になります。
以前の英語教育では、英語の文字と発声の関係は不規則であるという点が強調されてきました。「英語は暗記科目」という考え方が広く定着し、これが原因で英語嫌いになった人も多いはずです。これに反しフォニックス教授法では、英語のスペリングの少なくとも75%(一説には70%とも言われます)は規則的であり、暗記を必要とするのは残りの25%に過ぎないと考えられています。
スクールの規約については、コチラ>>

川崎市鷺沼の英会話スクール「アルプス外国語スクール」は、田園都市線鷺沼駅より徒歩2分。幼児~大人の英会話、帰国子女クラス、資格試験、個人レッスンなどクラスが豊富。

アルプス外国語スクール